WordPress

XMLサイトマップとは?

サイトを作ったらまず最初にXMLサイトマップを設置する

Google XML SitemapsというプラグインをインストールしてXMLサイトマップを設置しよう!

🐶XMLサイトマップ設置の目的:クローラビリティーの向上

XMLサイトマップとは、作り立てのサイトを、グーグルのクローラー(検索エンジンロボット)にお知らせするための、地図のようなものです。このグーグルのロボットが、世界中のサイトを日々巡回して、自分のデータベースに登録していきます。あなたのサイトがグーグルのデータベースに登録されたことを「インデックスされた」という言い方をします。※XMLとはXML形式で書かれたファイルという意味です。

なんらかの理由でインデックスされないと、いくら記事を書いても、検索してもネット上にあがってきません。インデックスされない理由としては、大量のリンクを飛ばしたりとか、サイトを開設してから全く更新していないとかが多いようです。XMLサイトマップに対して、HTMLサイトマップという言葉もあります。HTMLサイトマップは、あなたのブログにきてくれた読者さんに対する地図になります。

XMLサイトマップの設置は、Google XML Sitemapsというプラグインをインストールするだけ。設定などは特に必要ありません。

HTMLサイトマップの設置手順

XMLサイトマップがクローラー(グーグルの検索エンジンロボット)に対する地図であるのに対し、HTMLサイトマップは読者さんのための地図になります。とは言っても、HTMLサイトマップを設置したほうが、いろんなページをくまなくクロールしてもらえますので、内部SEO対策としても効果的です。HTMLサイトマップの設置はPS Auto Sitemapというプラグインをインストールしますが、ちょっとだけ設定があるので、手順を解説いたしますね。

STEP1. 固定ページをつくる

まずは、「サイトマップ」というタイトルの固定ページを一つ作っておきます。記事は書かなくてOKです。その時に、赤枠で囲ってあるところの数字をメモしておく。

STEP2.PS Auto Sitemapの設定

①に先ほどメモした数字を入力。②で好きな見た目を選べます。③「変更を保存」を押す。④の部分をコピーします。

STEP3. コードを張り付けて完了

テキストモードにしてコードを張り付けてください。これで完了です!

 

ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)