IT豆知識

超わかりやすい!正しい「引用」の仕方

他人の文章を引用することは法律的にOKなのか?

キュレーションサイトやネイバーまとめで度々議論される「引用」ですが、結論から言うとOKです。

著作権法に公表された著作物は、引用して利用することができる。とはっきりと明記されています!

その根拠は、

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

出典:電子政府の総合窓口:著作権法より引用

ですが、「その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」とあるように、一定の条件を満たしていることが必須。

要するに、

①引用した部分を元に、自分の議論を展開したいとき

自分の主張に対する「根拠」として引用部分を使いたいとき

に、使ってもOKということです。

引用するには、以下を満たす必要があると思ってください

①引用タグを使い、自分の著作物と明確に区分する

②出所を明確に示す(テキストリンクで入れる)

③自分の著作物の中で、議論を展開するため、または、根拠を示すために、「引用部」を乗せる必要性があること。

④自分の著作物が主体となること(要するに、引用部ではなく自分のコンテンツがメインであること)

トラブル事例

(DeNA)ディー・エヌ・エーが運営するキュレーションサイトの運営に問題があり閉鎖にまで追い込まれたことは記憶に新しいかと思いますが、まとめサイトで有名なネイバーまとめでも、著作権に関する訴訟が後を絶ちません。他人の文章や画像を引用する際には法律に基づき十分に気を付けてください。特に目立つ訴訟案件が、画像の無断利用です。芸能人のものであっても同様で、芸能人となると著作権の他に「肖像権の侵害」なども関連してくるので要注意。

肖像権に関しては、例えば、情報商材などに「ホリエモンさん」の写真を勝手にのせると、あたかも「ホリエモンさんが推薦している=信頼できる」となって、売り上げに繋がったりしますよね。そういうビジネスにつながるような利用はダメだということです。肖像権に関しては有名人に限りますね。たとえば、私に置き換えてみましょうか。「ゆうこりんしゃちょー」って誰?って話です(笑)。

発信者情報開示請求

私は匿名でブログを運営してるから大丈夫なんて思っていませんか?

発信者情報開示請求は、権利侵害が明白であれば認められますので訴訟を起こされると確実に負けます。

プロバイダ責任制限法第4条に基づく情報開示請求である、「発信者情報開示請求」は、ネット上で他者を誹謗中傷した者の、発信者情報(住所・氏名・電話番号等)をプロバイダに対して、開示を求めるものですが、権利の侵害についても認められています

引用と転載の違い

引用というのは、自分の著作物(文章など)が主体で、自分の議論を展開させるためや、根拠を明確にするために「引用」させていただくので、必然的に、引用部分の方が少なくなります。転載とは、わかりやすくいうとコピペなので、自分の著作物がすくない(または殆どなく)、引用した記事や画像で埋まっている状態です。法律に基づいた引用の仕方をしていても、このような状態になっていれば、要件を満たしていないので、やはり法律違反になってしまいます。

画像の正しい引用方

引用タグで囲む(ここまでやってる方はいませんが、これが本来の正しい画像引用の仕方です)

②出所を明らかにする(テキストリンクで入れる)

alt属性にも、コピーライト表記を入れる

※下記の動画にワードプレスで画像を引用する際の手順を解説してます!

ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)