リーガルテック

弁護士さまよりブロックチェーンについてご質問を頂戴いたしました!

下記の記事について弁護士さまから大変ためになるご質問をいただきましたので、コバお兄さんと一緒に回答していきやす!

弁護士さん向けブロックチェーン授業①
弁護士さん向けブロックチェーン授業②

おー、ちゃんとみて疑問点あげてくれていますね!こういった質問はありがたいですねー。こういうった疑問点解消できるようになるといいですよね!

コバお兄さんの経歴はこちらから

ほんとそうですよね!しかも、うちらとは違ったジャンルの人の視点って参考になりますよね。質問に答えるためにうちらも更に知識増えますしね💕

送金するときに、世界中の人がマイニングするってどういうこと?

ご質問の掲載許可を頂きましたので、原文そのままに掲載させていただきます。

①の回答:マイニングとは、わかりやすくいうと「計算競争」です。この計算の競争に勝った人が報酬をもらえる仕組み。

お給料の支払い方で、マイニングを理解しよう!

日本円でお給料を支払う

例えば、ゆうこりんしゃちょーが、コバお兄さんへのお給料10,000円をネット上で取引できる「楽天銀行」で払う場合、送金ボタンを押すと、コバお兄さんの口座へ振り込まれます。

当たり前ですが、楽天銀行専用のシステムを利用しています。楽天銀行は、このシステムをメンテナンスしているエンジニアさんや事務スタッフさんなどへお給料を払って働いてもらってます。

ビットコインでお給料を支払う

例えば、ゆうこりんしゃちょーが、コバお兄さんへのお給料10,000円をビットコインで支払うとします。本日のレートで計算すると「1BTC = 745,910 円」なので、10,000円なら0.01340644 BTCとなります。

ゆうこりんしゃちょーが、0.01340644 BTCをコバお兄さんへ送金。でも、ビットコインって会社も存在しなければ社長さんも社員さんもいません。会社がないわけですから、楽天銀行のように専用のシステムもありません。どこで誰が処理してくれてるの?これをやってくれるのが、計算競争(マイニング)に参加して報酬をゲットしたいと考える世界中の人です。

ゆうこりんしゃちょーも、コバお兄さんもこのマイニングと呼ばれる計算競争に参加することが可能です。あなたも私も誰でもマイニングに参加できるのです。とはいえ、ある程度コンピューターの知識がないと、マイニングのやり方がわからないので現実的には不可能です。

じゃあ、なんで、ある程度コンピューターの知識がある、ゆうこりんしゃちょーもコバお兄さんも参加しないの?

それは、日本では電気代が高くてたとえ計算競争に勝ったとしても割に合わないからです。なので実際には、電気代の安い国で、たくさんのコンピューターを常時接続して、企業や団体が組織的にマイニングしています。

トランザクションとマイニングの違い

②の回答:だいたい正解です!

補足1:情報業界だけにオープンにされているのではなく、世界中の誰にでもオープンにされています。儲かるかどうかは別として、ちょっと勉強すれば、近所のおばちゃんであれ、お隣に住むおじいちゃんであれ、だれでもマイニングに参加することは可能です。

補足2:厳密に言うと、送金するときのアクションが「トランザクション」になります。わかりやすく楽天銀行にたとえるなら、ログインして、ゆうこりんしゃちょーが自分の口座からコバお兄さんの口座へ10,000円送金」と入力して「送信ボタン」を押すことがトランザクション。

そのトランザクションを見つけて、ブロックに取り込む動作がマイニング

トランザクションとマイニングって混同しちゃいますよね。

このややこしい部分を、テスト環境で実践しながら解説しています☟

ビットコインの価格変動の要因はなに?

③の回答:現状ではほぼ、個人・・の投機目的で価格が変動しているといっていいかと思います。例えば、株式市場ですと、個人投資家だけでなく、銀行や証券会社、保険会社と呼ばれる機関投資家や、日銀が景気をあげるために行う公開市場操作(買いオペとか売りオペ)、そして日本だけじゃなく外国のヘッジファンドと呼ばれる物凄い金額を動かす投資家などによって市場価格が決まります。

ETF・J-REIT買入 日本銀行が、ETFやJ-REITを買い入れることによって資金を供給する。

日本銀行HP 公表資料・広報活動 より引用

日銀も、ETFやJ-REITといった金融商品を私たちと同じように東証から買うよ。でも、日銀も保険会社もビットコインを買わないよ。だって他人のお金を運用したり、国の景気をよくするために、法律的な整備が整ってない状況下で、ギャンブル性の高いものに投資してたらリスキーだもんね!だから仮想通貨取引には今のところ個人しか参入していないのです。株と違って簡単だしギャンブル性が高いから若い男性中心に人気あるみたいやね。
  1. ETFとは、上場している投資信託のこと
  2. J-REITとは、上場している不動産の投資信託のこと

投資信託とは、例えば「わくわく投信」という商品があります。この商品のポートフォリオ(中身)はトヨタの株、任天堂の株、ソフトバンクの株、といったようにいろんな種類の株を詰め込んで一つの投資信託がつくられているのです。

そうすることによって、トヨタの株がさがっても、任天堂があがってたら損を防げるじゃん!みたいなイメージです。どんな商品を詰め込んで運用するかを考えているのがファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロフェッショナルです。

投資信託のうち、証券取引所に上場していいるものが、ETFやJ-REITになるんですね。上場することによって多くの人から買ってもらえるので、企業さんは資金調達しやすくなるといったメリットがあります。

このように、暗号通貨は、いまのところ、国や機関投資家(銀行・保険会社・証券会社)が商いに入ってきていませんので、個人が投機目的で売り買いすることにより市場価格が決まります。

んじゃ、なんで、仮想通貨の価格が上下するのさ?
「イーサってマイクロソフトで導入されるんだって!?」「SBIのだれそれがリップル使ういってたよ!」と憶測が飛び交い、「じゃあ、安い今のうちに買っておこう!俺もこれで億万長者だ!」となって買い注文が殺到するとその通貨の価格は上がりますし、逆に「コインチェック破綻したらビットコイン下がるんじゃね?」「じゃあ、俺は今のうち売り逃げするぜ」みたいな感じで、猫も杓子も一斉に売りに回ると価格は下がります。

また、ビットコインは決済のための手段として、イーサリアムはスマートコントラクト(契約の自動化)など、そのブロックチェーンによって用途と目的はさまざまですが、現時点では、投機目的、ICOによる資金調達以外の仮想通貨の運用は、ビットコインの決済手段以外はほとんど実験段階にすぎない状況ですね。

マイニング報酬はどこから支払われるの?

④の回答:なかなかいい質問ですね!これはちょっと難しいです。

まずは、ビットコインの「半減期」と呼ばれる仕組みを理解していただく必要があります。

ビットコインの半減期とは?

ビットコインは最終的な量がきまっています。その量まで増え続けます。例えば、2020年までに世界全体で100枚のようにきまっているとすると、採掘するたびに新規で発行され、その数は増え続けますが、2018年時点で80枚なら、あと20枚が限度となります。←この、あと20枚の部分が報酬に割り当てられます。これを、採掘報酬(コインベース)と呼びます。

じゃあ2020年に100枚に達したら報酬は出ないの?
マイナー報酬には二種類あるので、下記の図の②の手数料から出る報酬は、基本的になくなりません
マイナー報酬は二種類
  1. コインベース(採掘報酬)のアウトプットの金額
    (例えば、ビットコインなら、ちょっとっずつ増えていく部分をマイナーに割り当てる。ビットコインは採掘時のみに新規で発行されます。新たに発行されたビットコインは、計算競争に成功したマイナーに報酬として付与される。)
  2. 手数料(実は送信元の人が、送信相手に送るお金から、マイナーにあげる報酬分として何割か引かれています)

ブロックチェーンが目指す社会とその仕組み

⑤の回答:ブロックチェーンを説明するときに「分散型社会」「非中央集権社会」という二つの似た言葉が用いられます。この反対語は、私たちがあたりまえに利用している「中央集権型社会」です。

ざっくりというと、管理者は関わる人みんなであって、トップが存在しないというのが、「非中央集権」です。フェイスブックにも、Twitterにも会社があって社長がいますが、ビットコインには会社もなければ社長もいません。

ブロックチェーン推進派の人たちは、自分たちだけの仕組みや通貨をつくって、政府にたよらない自分たちだけの新しい国家を作ろう!みたいなノリの方も多いようです。

とはいえ、インターネットの登場に匹敵するほど世界を変えるのではないかと言われるこのテクノロジーを利用して一儲けしたいと考える企業や地方自治体も多いようです。

ブロックチェーンとリーガルテック

質問⑥:特に注目されているのが、契約の自動化=スマートコントラクトという概念です。因みに、ビットコインのブロックチェーンには色々書き込めないのでスマートコントラクトには使えないのです。そこで登場したのが、ブロックチェーンに色々書き込めるイーサリアムというブロックチェーンです。このイーサリアム(イーサ)なら色々なビジネスに応用できるのではないか?となり、価格が急上昇してビットコインにつぐ第二位の時価総額を誇る仮想通貨となりました。

また、技術の急激な進歩に法律が追いつかないことで、詐欺まがいの事件や、悪質な犯罪も見逃されていたり、新しいサービスをつくりたくても「これって法律的にどうなの?」という企業さんも多いことかと思います。金融の在り方がここまで変貌を遂げた現在、これからは、法律や法律家の在り方も世の中の変化に合わせてどんどん変わっていくのではないでしょうか?

弁護士さんが起こした会社、弁護士ドットコムさんは、りそな銀行さんと、デジタルガレージさんというIT企業でアライアンスを組み、スマートコントラクトに参入しています。

リーガルテックが必要とされる分野
  1. ビットコインなどの暗号通貨の取引所での売買(ハッキングなどの不正行為による責任追及の在り方)
  2. スマートコントラクト(ブロックチェーンを利用した契約の自動化による法的効力)
  3. Aapps(分散型アプリケーションの違法性の法的解釈・例えばエスクローとか投げ銭とか)
  4. ICO(暗号通貨による資金調達の法整備)
最近ニュースを騒がせている逮捕者が出たコインハイブ事件。その違法性については見解も割れていて、エンジニアのコバお兄さんと一緒にアウトかセーフか議論しました。下記の動画つき記事も、是非ご覧ください!

「ゆうこりんしゃちょー×コバお兄さん対談」は記事の最下部にございます。

ABOUT ME
ちゅうたん
はじめまして、宇宙鼠のちゅうたんです。ゆうこりんしゃちょーのお手伝いをしてお小遣いもらってます( *´艸`)